歯の健康の重要性

女性医師と患者

歯医者さんというと、虫歯になって痛みが辛い人が通う場所だというイメージが先行しがちです。
しかし、そもそも歯医者さんは、虫歯になってから通っては遅いのです。
口から食べなければ生きていけない私たちにとって、歯の健康は日常生活のQOLを維持するうえでもとても大切です。
虫歯がない状態で通うことによって、歯のトラブルがない生活をキープしましょう。
アフターケアがしっかりしている歯科であれば、治療後に歯科検診の案内が定期的に送られてくるでしょう。
歯は気づかないうちに虫歯が進行してしまいがちなので、定期検診を受けることがとても大切です。
虫歯がないと思っていてもかまわないのです。
歯医者さんは、虫歯がなく健康な歯だとお墨付きをもらいに行く場所でもあります。

歯医者さんが治療してくれるのは歯の痛みだけだと思い込んでいる人もいます。
しかし、歯医者さんは口腔治療のプロフェッショナルなので、歯そのもののトラブルだけを扱っているわけではないのです。
たとえば、歯茎の出血が気になっていたり冷たいものを食べるとしみる知覚過敏が辛かったりする場合でも、歯科に相談すればよいのです。
また、口内炎や口臭で日ごろから悩んでいるという人は意外と多いものです。
こうした悩みにかんしても、歯医者さんは味方になってくれます。
歯の痛みと関係ないからと躊躇する人もいますが、心配する必要はまったくないのです。
舌がぴりぴりして痛いといった場合であっても、歯医者さんに気軽に相談してみましょう。